2013年01月23日

寒い季節 根本的に健康を考える

寒い季節こそ根本的に健康を考えてみましょう。
先ず、体を温めることが大切なことを意識してください。

・重要なのは身体を温めること。 低体温の人が増えているようです。
・内臓機能を強化しましょう。
・婦人科系が弱くなるので要注意です。

 低体温症は現代の女性で問題となっています。
冷たいものを頻繁に飲食したり、夏場エアコンの中の生活によって
一年中体温が低い状態の人が多くなっています。

 不妊の原因は体の冷えから、
また冷えによって代謝が滞ると体がむくみやすくなります。

 ベストな体温は通常36.5〜37℃ とされています。
しかしながら、近年36℃台前半という人が多くなっているようです。

体温が下がっている状態がつづくと自己免疫力が落ちます。
1℃体温が下がると、30%免疫力が落ちると言われています。

そして免疫が落ちると
体調を崩したり風邪を引きやすくなったりすることが多くなります。
体調を崩すと、ついつい薬を乱用することが多くなります。

化学薬品による薬は神経を麻痺させ症状を緩和させるのみ
治癒ではなく、対処方法で一時しのぎに過ぎません。

病気にならない体質作りは
バランスの良い食事、適度の運動、そして質の良い睡眠などを日ごろから意識して
安易な薬による対処方法ではなく、根本から体質改善を考えなければ成りません。

おすすめの冷え性対策プログラム ⇒ 塩崎式冷え性改善術


posted by Mack at 17:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
△トップページに戻る
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。