2013年03月12日

若年性脳梗塞 原因

若年性脳梗塞が近年になって、
40歳以下の人の間で増えているそうです。

高齢者の代表的な疾患の一つとこれまでは思われていましたヨネ。

脳梗塞とは、脳動脈が狭くなったり、血栓が血管に詰まったりして、
酸素や栄養が脳に行き渡らなくなってしまって
脳細胞が壊死してしまう恐ろしい病気です。

夜間から早朝にかけて発症時間としてはもっとも多く、
「朝起きたら、亡くなっていた」というような場合は、
この脳梗塞が原因と疑われます。

脳梗塞と若年性脳梗塞の違いは
何でしょうか?

中高年の方が発症する脳梗塞は、
動脈硬化による心血管疾患や
心房細動の関与が大きいといわれています。

一方、40歳以下の若年性脳梗塞の場合
動脈硬化や心房細動の影響は少ないとされ、
全く別の原因による特異なものが多いと考えられています。

特異な原因とはウィリス動脈輪閉塞症や抗リン脂質抗体症候群
血管炎、凝固異常や奇異性脳塞栓症といったような
病名、症例が原因として挙げられていますが、
実際のところ、原因不明のものも多く
有効な対処法も確立されていないのが現状らしいです。

脳梗塞を起こした方が血縁親族にいる場合には
その可能性が高いとみられており、
特に喫煙者は煙草を控える若しくは禁煙することをすすめられます。

そして次の典型的な脳梗塞の初期症状が現れた場合、
めまいや頭痛、手足のしびれ、歩行障害、
ろれつが回らない等を自覚したときは
早急に精密検査を受けるようにしてください。

早急に適切な処置を施し
若年性脳梗塞かを診断することが大切です。

症状は人により異なりますが、脳梗塞は
一旦発症すると、かなり高い率で後遺症の残る病気です。

上記の症状に思い当たれば大事にならぬ前に、
即、専門のお医者様に診てもらいましょう。


ぴかぴか(新しい)細胞を若返らせるサプリメントCNファクター


posted by Mack at 13:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活習慣病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
△トップページに戻る
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。