2014年02月19日

風呂上りの立ちくらみを防ぐには!

風呂上りに立ちくらみを経験した事はないですか?
ひどいときは立ちくらみで気を失うこともあるので危険です。

立ち上がる時にふらっとする立ちくらみ。
程度こそあれ誰もが経験していると思います。

ひどいと、目の前が真っ白になって気を失いそうになります。
この症状は若い女性にとくに多く見られ
風呂上りに頻繁に起こります。

長湯した後など「クラッ」としたら要注意
そして、これがひどくなると
気を失って倒れることもあるので大変危険です。

若い間は、あまり心配ないようですが
高齢になれば、なるほど命に関わるリスクが上がるので
十分注意が必要です。

熱いお湯の風呂に肩までしっかり浸かるほど
血圧が上昇し実は逆効果なんです。

しかも、長時間浸かることは水圧で心臓を圧迫しています。

その結果、風呂から上がると急に血圧が下がり
立ちくらみを起こす原因になります。

立ちくらみやめまいを防止する入浴方法
半身浴が最適です。

ゆっくりじっくり半身浴で温まることにより、
ポカポカと体の芯から冷えが取れていきます。

冬のこの季節、浴室を十分暖めて
心臓に負担のならない半身浴
長い目で見ると一番効率的に体を温める方法なのだそうです。

立ちくらみ、めまいが気になる方

⇒ 自宅でできる頭痛・めまい解消法





【めまいの最新記事】
posted by Mack at 15:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | めまい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
△トップページに戻る
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。