2014年12月08日

眼精疲労 楽して治す方法

眼精疲労は現代病といわれていますが、
楽して治す方法をご紹介します。

現代人の必須アイテムとなったパソコン、スマートフォンタブレット端末等など
の電子機器類。

その普及と共に疲れ目や眼精疲労の症状を
訴える人も増えています。

目がしょぼしょぼする、なんだか文字が見にくいと言った
自覚症状があるなら要注意です。

目の疲れ程度を通り越し、
眼精疲労といわれる状態かもしれません。

"目の疲れ"と"眼精疲労"は、よく混同されますが
この2つは厳密にいうと、違う症状でなんです。

"疲れ目"は、疲労の原因となる作業を中断し、
マッサージなどで目をリラックスさせたり、
少し休ませれば回復する程度の症状です。

そして、どんなにしつこくても、
その疲れ(目)が一晩ぐっすり眠ればとれてしまいます。

しかしながら、"眼精疲労"の場合はそうではありません。

目のかすみや疲労感が休ませても残ってしまうものを
"眼精疲労"と言います。

この様になってしまうと、一晩眠ったくらいでは改善されません。がく〜(落胆した顔)

更に、眼の疲れの異常だけにとどまらず、
頭痛や肩こり、首のこり、疲労感、微熱、不眠、全身の倦怠感など
目以外のところにも症状があらわれていきます。

眼精疲労に一度なってしまうと、その症状を解消するのは
なかなか容易ではありません。

しかし目の疲れや眼精疲労にならない予防として、
楽して治す良い方法をお試し下さい。

それは・・・・ガムを噛むことなんです。


物を噛むことで目の血行がよくなることが最近の研究で分かってきました。
目の血行不良が目の疲労を引き起こす原因の一つでもあります。

ものを同じ距離で見続けることによって
目の運動が停滞することで、血の巡りが悪くなり、
そして老廃物や疲労物質が溜まってくると考えられます。

そこで、目の血行を促し血液を循環させることで
目の疲れを引き起こす疲労物質を押し流すことによって
眼精疲労が解消して行きます。

また、ガムを噛むことは適度に脳を刺激したり、
精神を落ち着かせる働きがあるとも言われています。

もちろん、ガムでなくても長く噛むことができれば
昆布やスルメなど代用できます。


疲れ目 眼精疲労 ドライアイ改善7STEPプログラム





【眼精疲労の最新記事】
posted by Mack at 09:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 眼精疲労 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
△トップページに戻る
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。