2013年03月12日

若年性脳梗塞 原因

若年性脳梗塞が近年になって、
40歳以下の人の間で増えているそうです。

高齢者の代表的な疾患の一つとこれまでは思われていましたヨネ。

脳梗塞とは、脳動脈が狭くなったり、血栓が血管に詰まったりして、
酸素や栄養が脳に行き渡らなくなってしまって
脳細胞が壊死してしまう恐ろしい病気です。

夜間から早朝にかけて発症時間としてはもっとも多く、
「朝起きたら、亡くなっていた」というような場合は、
この脳梗塞が原因と疑われます。

脳梗塞と若年性脳梗塞の違いは
何でしょうか?

中高年の方が発症する脳梗塞は、
動脈硬化による心血管疾患や
心房細動の関与が大きいといわれています。

一方、40歳以下の若年性脳梗塞の場合
動脈硬化や心房細動の影響は少ないとされ、
全く別の原因による特異なものが多いと考えられています。

特異な原因とはウィリス動脈輪閉塞症や抗リン脂質抗体症候群
血管炎、凝固異常や奇異性脳塞栓症といったような
病名、症例が原因として挙げられていますが、
実際のところ、原因不明のものも多く
有効な対処法も確立されていないのが現状らしいです。

脳梗塞を起こした方が血縁親族にいる場合には
その可能性が高いとみられており、
特に喫煙者は煙草を控える若しくは禁煙することをすすめられます。

そして次の典型的な脳梗塞の初期症状が現れた場合、
めまいや頭痛、手足のしびれ、歩行障害、
ろれつが回らない等を自覚したときは
早急に精密検査を受けるようにしてください。

早急に適切な処置を施し
若年性脳梗塞かを診断することが大切です。

症状は人により異なりますが、脳梗塞は
一旦発症すると、かなり高い率で後遺症の残る病気です。

上記の症状に思い当たれば大事にならぬ前に、
即、専門のお医者様に診てもらいましょう。


ぴかぴか(新しい)細胞を若返らせるサプリメントCNファクター


posted by Mack at 13:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活習慣病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月23日

ベジライフ酵素液 プチ断食で大幅ダイエット

ベジライフ酵素液、毎朝食1食分の代わりに飲んで
減量に成功、プチ断食で大幅ダイエットが得られます。ぴかぴか(新しい)

漫画家の浜田ブリトニーさんも
10キロの減量に成功したと話題です。

酵素液を飲むだけ!-13kg目指せる


更にベジライフ酵素液は、ダイエットだけでなく、
アンチエイジングやお肌にもいいことで話題となっています。

ベジライフ酵素液は、食事の代わりに飲む
ファスティングダイエットという方法で
効果が出るのが早いのが特徴のダイエットです。

ベジライフ酵素液は、野菜や果物、海藻など
90種類の栄養をこのジュースだけでとることができます。

糖類も原材料に含まれているのですが、
黒糖が使われています。
黒糖は、カルシウムや鉄分、ビタミンなども含まれている砂糖ですが
健康のために摂る方も多く、カロリーが低いとされる甘味料です。

このベジライフ酵素液はを使用する際は、
3食全てをベジライフ酵素液にするのではなく、
初めは1食分の代用からはじめ、
慣れてきたら2食をベジライフ酵素液にするのがよりダイエット効果が得られます。

特に、朝と昼にベジライフ酵素液を飲むのがおススメです。
酵素ダイエットで重要なことは、継続して飲み続けることです。

ベジライフ酵素液を利用した酵素ダイエットの場合は、
身体に必要なビタミン類・ミネラル・食物繊維などをしっかりと補っていますので、
終わってからもリバウンドを起こす心配が無いですよ。手(チョキ)わーい(嬉しい顔)

リバウンドはダイエットによる栄養不足により起こるものですが、
ベジライフ酵素液は低カロリーでも基本栄養素はしっかり摂取できるので
リバウンドの心配は無用です!

ベジライフ酵素液 更に詳しくはこちらから

プチ断食-13kg目標






posted by Mack at 15:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活習慣病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月22日

緑内障の症状と予防

緑内障の症状は、視野の欠損、視力の低下。
そして徐々に進む症状と急速に悪化する症状があり
タイプによって、その進行スピードは異なります。

緑内障は、自覚症状がなく、
知らないうちに症状が進行している場合が多いようです。
それゆえに早期発見、早期治療が重要です。

緑内障の初期段階では、自覚症状があまりないために、
異変に気付き症状が進行してしまってから検診する人が多いようです。

視神経の障害がゆっくりと起こり、視野も少しずつ狭くなっていくため、
すぐに眼に異常を感じると言うことはありません。

急激に眼圧が上昇し目の痛みや頭痛を伴う
急性の緑内障は吐き気など激しい症状をおこします。

緑内障を予防するには、早期発見が大事ですので、
眼科での定期的な検査(緑内障ドック)が一番の予防法といえます。

緑内障は、眼圧測定だけでは判断出来ない為、
眼底検査や視野検査などが必要となります。

また、緑内障は、物理的な衝撃を眼にうけ眼圧が上昇した場合や
生まれつき隅角が未発達等ではない場合には、
生活習慣で糖分の摂りすぎ、血液がドロドロ、眼精疲労、
ストレス、運動不足などと何らかの関係があると考えられています。

緑内障の予防には、栄養補助食品サプリメントの摂取や
生活習慣の見直しなど日頃からのケアが重要です。

栄養補助食品は、ルテインやカシスなどが良いそうです。


ルテインは、カロテノイドという
野菜や果物、海草などの食品に含まれる色素の一種で、
ルテインは目の健康補助食品、サプリメントとして注目されています。

また、カシスは紫色の色素アントシアニンが、今、注目を集めています。



カシスエキスには、ポリフェノール成分である
4種類のアントシアニンが濃縮されており、特に、抗酸化力が強く
含有量が高いので、その有用性が明らかになっています。


緑内障と診断され眼圧が下がらない。視野狭窄の進行が止まらない。失明はしたくない。緑内障予備軍だと医者から言われた、最近視界が暗くなった気がする、そんなあなたのお悩みを解決する改善率90%以上の緑内障改善エクササイズ。


タグ:緑内障
posted by Mack at 14:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活習慣病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
△トップページに戻る
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。